歯間のホワイトニングでおすすめのものとは

使うアイテムで歯間の磨き方が変わる

フロスの効果とは

デンタルフロスは、歯と歯が接する面、またそのすき間の狭い部分に残る汚れを除去するのに効果的なアイテム。種類としては指巻タイプとホルダー付きのフロスがあります。
とくに歯と歯の接する部分はくぼんでいることもあり、汚れや着色が付きやすい場所です。この部分をキレイにすることはお口の健康を保つうえで欠かせないポイントでもあります。
ホワイトニングは、キレイな歯を保つことで効果を得ることができます。つまりフロスで歯と歯の間の汚れをしっかりと除去することは、よりホワイトニング効果を実感することができる重要なポイントでもあるのです。歯ブラシでブラッシングする前後にはフロスを使って歯間の汚れを取る習慣をつけましょう。習慣化することで、よりホワイトニング効果に反映されます。

歯間ブラシの効果

歯間ブラシは歯と歯茎の汚れを除去するのに効果的なアイテムです。とくに歯と歯の間、また歯と歯茎の間は、虫歯や歯周病の原因となる菌が潜みやすい環境です。歯と歯の間や、歯と歯茎の間をマメにケアすることは、将来に渡ってもお口の健康を保つのにポイントとなる部位。
歯間ブラシを使うことは、特に歯茎にとても効果的です。きれいな歯茎は衛生的であることはもちろん、キレイな色であることも欠かせません。歯間ブラシで歯茎の汚れを除去すると、歯茎は血流が良くなりキレイな色を保つことができます。
ホワイトニングには歯茎の色も大切です。どれだけ歯が白くても歯茎が健康的でなければホワイトニング効果を感じることはありません。つまり歯間ブラシで歯や歯茎の健康を保つことこそ、より白い歯を実感するのに欠かせないということです。


この記事をシェアする